27日(水)、1・2年生と民生委員・児童委員の方との花植えがありました。初めに、チューリップの球根を、次にパンジーとビオラを植えました。植え方を丁寧に教えてくださり、その後も、たくさんの民生委員さんがサポートしてくださったので、あっという間に植え終えました。植えるときに、たくさんお話もできていたようです。植えた球根や花は、これから春まできれいな花を咲かせてくれることと思います。花植えのお世話をしていただき、ありがとうございました。
1127 花植え (1) 1127 花植え (2)
1127 花植え (3) 1127 花植え (4)

 26日(火)、朝の児童集会では、「給食ありがとう集会」がありました。給食委員会がクイズなどを準備して、給食への関心を高めました。
 昼休みは、図書委員会が、大型絵本の読み聞かせをしました。
 どちらも、この日のために、計画や準備、練習が必要です。委員会の時間は月に1回しかないので、休み時間等を使って準備や練習をしてくれたことと思います。おかげで、全校児童が給食や読書に関心を示してくれました。さすが、小学部の高学年ですね。12月は、大町タイムやひじりマラソンに向けて、保健・体育委員会が頑張ってくれることと思います。
1126 児童集会(給食) (1) 1126 昼休み読み聞かせ (2)

 21日(木)、サッカーJ1サガン鳥栖で現役を引退した元スペイン代表フェルナンド・トーレス氏が来校されました。8月の佐賀豪雨で被災した大町の子ども達を励ますためにおいでいただきました。報道で佐賀が被災したことを知り、自分にできることはないか考えたそうです。子ども達の元気な顔を見て安心したけれど、見えないところで苦労や不安な気持ちがあるのではないかと、子ども達の様子を気遣ってくださいました。また、スポーツを通して佐賀を元気にしたいと、サイン入りのユニホームやサガン鳥栖ホームゲームのチケット、佐賀バルナーズのホームゲームのチケット等をプレゼントしていただきました。トーレス氏の来校は急遽決まったため、何もおもてなしはできませんでしたが、サガン鳥栖のユニホームやタオルマフラーを身に着けたり、トーレス氏の現役時代ンのチャントを歌ったりしてお出迎えしました。お礼の言葉を述べた堤さんは、サッカーチームに所属していて、「大町は、少しずつ元気になっています。こんな形で憧れのトーレスさんに会えるとは思っていなかった。」と述べました。そして最後に「グラシアス(ありがとう)」と言い、全校児童も後に続いて「グラシアス」と感謝の気持ちを伝えました。短い時間でしたが、トーレス氏と触れ合えて、本当に幸せで嬉しかったです。ありがとうございました。
1121 トーレス氏来校 (1) 1121 トーレス氏来校 (2)
1121 トーレス氏来校 (3) 1121 トーレス氏来校 (4)
1121 トーレス氏来校 (5) 1121 トーレス氏来校 (6)

↑このページのトップヘ